ジョニーデップが語った心を揺さぶる名言集!

スポンサーリンク

ジョニーデップならではと思わせる名言

SnapCrab_NoName_2016-3-30_23-1-54_No-00

日本でも大人気の俳優であるジョニーデップは、ファンから数々の名言を残したことでも知られています。

名言と捉えるか?どうかは人それぞれですが、印象に残る言葉を残しているということでしょう。

基本的に英語で残しているものなので、それをどう訳すか?という問題も同時にありますし、訳し方によって、印象の受け取り方も違います。

SnapCrab_NoName_2016-3-30_23-4-1_No-00

そんなジョニーデップの名言にはどういったものがあるでしょうか。

英語の原文と日本語訳を比較して、どう感じるか?というのも試してみてください。

ジョニーデップの人柄が伝わってくるのではないでしょうか。

家族や親友への愛が表れているジョニーディプの名言

SnapCrab_NoName_2016-3-30_23-0-59_No-00

「If someone were to harm my family or a friend or somebody I love, I would eat them. I might end up in jail for 500 years, but I would eat them.」になります。

こちらは愛する人への愛情が表れた名言です。

これを日本語に訳すと、「私が愛する家族、友達、またはそれ以外の者が誰かに傷つけられたら、例え刑務所で500年間服役しようとも、私はその傷つけた者を食べてしまうだろう」です。

500年という数字が非常に印象的です。

SnapCrab_NoName_2016-3-30_23-2-22_No-00

それだけの犠牲を払ってでも、愛する者への愛を貫き通したいという想いが込められているのではないでしょうか。

これは非常に思い名言になると言えます。

ジョニーデップの恋愛観が表れている名言

SnapCrab_NoName_2016-3-30_23-3-4_No-00

「If you love two people at the same time, choose the second. Because if you really loved the first one, you wouldn’t have fallen for the second.」になります。

こちらは彼自身の恋愛観になると思われます。

これを日本語に訳すと、「もし同時に2人を愛してしまったとしたら、2番目に好きな方を選ぶと良い。

それは何故か?2人のうち、特に好きな方を本当に愛しているならば、2人目のほうを好きになることないから」となります。

結構難しい解釈が必要になりますね。

SnapCrab_NoName_2016-3-30_23-3-37_No-00

モテまくりのジョニーデップさんならではの名言になるのかと思いますが、なかなかそういう経験はないでしょう。

あったとしても、複数の人の中で順位付けをするというのも難しいかもしれませんね。

成功者ジョニーデップから出るからこそ説得力がある

SnapCrab_NoName_2016-3-30_23-8-49_No-00

「We’re all damaged in our own way. Nobody’s perfect. I think we’re all somewhat screwy. Every single one of us.」になります。

こちらは成功した人間の口から出ると、ん?と思うかもしれません。

これを日本語に訳すと、「誰もが人生で失敗をするものだ。完璧な人間はいない。

私たちの誰もが何かしら人間はしくじるものだと思う」になります。

完璧な人間はジョニーデップを含めていないでしょう。

SnapCrab_NoName_2016-3-30_23-0-30_No-00

というのも、ジョニーデップも完璧に見える部分はありますが、決してそんなことはないと自分でも分かっているのでしょう。

私たちの前で見せる素振りはそんなことないかもしれませんが、それ以外の場面ではやはり多くの失敗を重ねてきていると思います。

スポンサーリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ