メイクだけではない真木よう子の女の色気を徹底解説!

スポンサーリンク

真木よう子の代表作とその人柄とは?

SnapCrab_NoName_2015-9-7_0-49-50_No-00

真木よう子さんはSPやMOZUなどカッコいい役が似合う女優さんです。

最近ではドラマ「問題のあるレストラン」映画「脳内ポイズンベリー」で主役を演じています。

2014年には「さよなら渓谷」で第37回アカデミー賞最優秀主演女優賞、「そして父になる」で最優秀主演女優賞を受賞した、実力派女優です。

映画最新作は「蜜のあわれ」文豪室井犀星の同名小説を映画化。

真木さんは怪しい幽霊という難しい役を演じます。2016年公開予定。

芸能人の間でも流行っているインスタグラム。

SnapCrab_NoName_2015-9-7_0-52-16_No-00

真木さんもインスタのアカウントを持って、写真をアップしています。

最近はアザ傷だらけの生足をアップして話題に。

撮影中の現場の様子やプライベートな姿など真木さんの様々な表情を見ることができます。

SnapCrab_NoName_2015-9-7_0-51-27_No-00

インスタですっぴんの写真を公開していますが、洋服もボーイッシュで少年のように見えました。

メイクをするとキリット大人っぽくなって印象ががらっと変わります。

真木よう子風になるメイクのポイント!

SnapCrab_NoName_2015-9-7_0-49-19_No-00

真木さんのメイクのポイントをまとめてみました。

真木さんのメイクのポイントは3つ。

1、 猫目

2、 鼻を高く見せる

3、 眉を細めに長く書く

SnapCrab_NoName_2015-9-7_1-0-39_No-00

1、猫目メイクのポイントは目尻を跳ね上げるライン。ブラックのペンシルアイライナーで目尻を眺めに引く。

目尻は5ミリほど長く太くなるようにする。

目尻は斜め上に跳ね上げる感じで引く。

アイラインの後にマスカラを重ねる。

SnapCrab_NoName_2015-9-7_1-5-35_No-00

2、鼻筋にハイライトをスーッと細く入れる。

眉がしらから鼻筋までノーズシャドウを入れる。

フェイスパウダーを入れてノーズシャドウをなじませる。

3はそのままです。

以上が真木よう子さんに近づけるメイクのポイントです。

ショートカットが似合うセクシーな女優さんです。

ショートカットの方が個性が際立つ気がします。

真木よう子さんのご主人とはどんな方なの?

SnapCrab_NoName_2015-9-7_0-50-25_No-00

そんな真木よう子さんですが、1982年生まれの現在32歳。

2008年に元俳優の片山怜雄さんと結婚。2009年には長女が生まれています。

「東京フレンズ」という2005年公開の映画で知り合い、片山さんの親友で俳優の瑛太さんの紹介から交際に発展したようです。

片山さんは「ウォーターボーイズ」にも出演したことがありますが、現在は俳優業をやめリリーフランキーさんに弟子入りして小説家を目指しているようです。

SnapCrab_NoName_2015-9-7_1-6-55_No-00

ある情報では片山さんは現在サラリーマンという噂もあり、小説家はあきらめたのかもれません。

いずれにせよ、売れっ子女優とサラリーマンでは収入に格差があり、現在は不仲もうわさされています。

家事と育児は片山さんの担当になっているようです。

仕事が順調な真木さんですがプライベートは順風満帆とはいかないようです。

娘さんも小さいのでなんとかうまくいくといいですね。

スポンサーリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ