芸能人が陥りやすい拒食症の症状とその結末とは!

スポンサーリンク

美しさを求めるあまり拒食症になった芸能人とは

SnapCrab_NoName_2015-4-15_16-0-34_No-00

テレビや雑誌で活躍する芸能人・モデルを見ても、現代・特に日本では「痩せている女性が美しい」という風潮がありますね。

このような現代社会の風潮が若い女性を拒食症に導いている原因のひとつに挙げられています。

こうした摂食障害に陥りやすいのが、外見が商売道具になる芸能人。

 SnapCrab_NoName_2015-4-4_23-45-43_No-00

あるアイドルグループのメンバーは、事務所から「テレビに映ると実際よりも5kg太って見えるので全員痩せるように」と言われ、メンバーのうち数人が摂食障害になってしまったんです。

最近ではレディー・ガガや女優の遠野なぎこなど、芸能人が自身のホームページや自叙伝などで告白するケースも増えています。

芸能人だけじゃない!私たちの日常に潜むワナ

SnapCrab_NoName_2015-4-5_0-27-25_No-00

10~20代の女性を対象にしたアンケートを取ると、約95%以上もの人が1度はダイエットをした経験があるという結果が得られました。

それらの人の中には、体重が標準体重以下の人も含まれているのです。

ダイエットを実行しても普通なら、ある程度まで減量できれば止めるものであるし、空腹に耐えかねたり体調を壊す前にセーブをするものですが、拒食症の人はそれができません。

 SnapCrab_NoName_2015-4-5_0-21-29_No-00

拒食症とは文字通り食べ物を摂取しないこと。極端に痩せて栄養不良が続くと、様々な障害を引き起こします。

中でも筋肉を動かすのに必要な「カリウム」が不足し、疲労や脱力感を感じやすくなります。

心筋細胞までもが低下して不整脈を起こし、重症の場合は心不全を起こして突然死に至ることもあるのです。

何故そこまで自分を追い込んみ、コントロールができない状態になってしまうのでしょうか?

それは精神に異常が生じ、自己を制御するための機能が壊れてしまうからです。

焦らずゆっくり拒食症と向き合うためには

SnapCrab_NoName_2015-4-5_0-22-23_No-00

拒食症の人は自覚がない病気だともいわれています。ですから周囲がその信号をいち早く感じ取ってあげることも大事。

またそういった信号を出しながらも隠したいという気持ちがどこかにあるということを考えてあげることです。

SnapCrab_NoName_2015-4-5_0-28-34_No-00

拒食症のきっかけの多くはダイエットによるものですが、その根本的な原因はストレスや幼児期のトラウマであるといわれています。

その治癒は難しく、再発率も高い病気です。焦らずゆっくりと向き合っていくことが大切なのです。

スポンサーリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ