童顔女子!永作博美の若さを保つ秘訣はここにあった!

スポンサーリンク

童顔の女優と言えば永作博美!

SnapCrab_NoName_2015-6-2_22-35-0_No-00

最近再び、永作博美さんの人気が戻りつつあります。

童顔でかわいい系の顔が好きな人にはたまらいのでしょうか。

永作博美さんと言えば、年をとっても全く変わらない童顔が持ち味の女優さんですよね。

しかし今でこそ童顔をウリとしてテレビに出演していますが、昔から童顔は健在だったのでしょうか?

SnapCrab_NoName_2015-6-2_22-47-32_No-00

結論から言うと、永作博美さんの童顔は昔から、もっというと年を取るにつれて更に磨きかが掛かっています。

実はデビュー当時はアイドルとして活躍していた彼女。

しかし徐々に大人になるにつれて、ドラマでの演技力も光り、今の確固たる地位を築くに至っています。

今も昔も変わらない可愛い童顔です。

永作博美は一度は目にしたことのあるCMの女王

SnapCrab_NoName_2015-6-15_12-10-0_No-00

最近永作博美さんを最も良く見るテレビと言えば、アコムのCMではないでしょうか。

ラグビー部集団のやり取りを傍から見ている彼女が、『太っ腹~』というセリフは誰しも1度は見たことあると思います。

彼女が歌になぞらえて笛を吹いて、『はっじめての、アコム♪』という音はつい頭に残ってしまいますよね。

永作博美が街中のトラック広告にもなった!

SnapCrab_NoName_2015-6-15_12-17-24_No-00

そんな永作博美さんですが、実はこのCMが当たったと言えるのは、街中のトラック広告が一番分かり易い例かと思います。

どういうことかというと、基本的に広告と言うのは、良い広告であればあるほど、良く目にする耳にするものだからです。

つまり、テレビの枠を飛び越えてトラック広告まで出せているということは、それだけ世間からの認知度が高まっているからなんです。

なぜ世間からの認知度が高まったかというと、もちろん永作博美さんの童顔キャラとアコムのイメージがぴったり合ったからでしょう。

こういった組み合わせによる人気爆発は、良くも悪くも予想できないところが面白いですね。

SnapCrab_NoName_2015-6-2_22-58-53_No-00

女優さんにとっては、1本のCMでイメージが一気に広まってドラマの仕事が増える、、、なんてことはザラですから、永作博美さんもある意味同じだったのではと思います。

永作博美さんを起用して大正解だっと言える訳ですね。

スポンサーリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ